最新の物言い三昧<<<物言い一覧


2017年07月12日

ほぼ満席の待合室。
隣のおじちゃんは両足と新聞を広げて1.5人分のスペースを使って座っている。
まあ患者さんだから仕方ない。待ってるのもしんどいのだし仕方ない。

入ってくる人、出て行く人が絶妙なバランスで空いて埋まって、椅子取りゲームのような状態が続いていったが、とうとう足りなくなってきた。
隙間を詰めれば余裕で座れそうだが誰も動きそうにないので自分が席を立つ。
「ああ、いいんですよ」
「もうすぐ番が来るんでどうぞ座ってください」
「すみませんね、ありがとう」

名前が呼ばれて、2つ隣のおばちゃんが診察室に向かう。
空いた席にすかさず隣のおじちゃんが自分の荷物を起き、スペースを2.0人分に広げた。
まあ患者さんだから仕方ない。大事な荷物が入っているのだろうし仕方ない。

数分後に先程のおばちゃんが待合室に戻って来た。
隣のおじちゃんが立ち上がり、会計を済ませたおばちゃんと一緒に出て行った。

付き添いだった。
座るなとは言わぬが、がっかりである。


<<<物言い一覧