物言い三昧<<<物言い一覧


2008年9月4日

深夜1時57分に、携帯電話に留守電が入っていた。
まだ起きていたはずの時間だが、マナーモードを解除するのを忘れていたため確認が今になった訳で。
早速聞いてみた。

『ひろちゃん?あのー、お母さんやけどな。帰りが遅うて心配してるんやけど。どこにおるの?今。すぐ返事してちょうだい。(10秒間無言)…なんにも言うてこんなあ。(終話)』

市外局番はおそらく岡山県津山市。
ひろちゃんは娘だろうか。何歳くらいだろう。平日なのに、深夜2時近くまで何をしているんだろうか。
ひろちゃんのおかんは、ひろちゃんの携帯だと信じて呼びかけている。もしこの時間にわたしが出ていたら、番号違いだと教えることが出来たのに。この日に限ってマナーモードにしたままだったことに、ちょっと心が痛む。
ひろちゃんは無事にお家に帰っただろうか?
そして、ひろちゃんのおかん。
娘の番号は短縮に入れとこうね。


2008年9月5日

市民球場
生まれて初めて、市民球場に野球を見に行った。
そして、もしかしたら最後。

球場内に満ちあふれる集団ハイな雰囲気と、とても幸せな空気が心地良かった。
今までTVで見ていた「野球中継」は、所詮テレビ局が「作った」ものに過ぎないという事が分かった。
野球って面白い。
野球場って面白い。

そしてカープは、首位タイガースに3−6で勝利。
大変嬉しいが、これでジャイアンツの自力優勝の可能性が復活してしまったので、ちょと複雑。


2008年9月20日

20歳で発症、鼻水鼻づまり目かゆかゆ白目ぶよぶよ、おまけに中耳炎に気管支喘息の合併症まで引き起こした花粉症(しかも年2回)。様々な医薬品、民間療法を試すも全て効かず、15年苦しんだところで突然症状が消え、きつねにつままれたまま今に至っていた。
2006年4月3日の物言い2007年3月3日の物言い参照。

今年の春のスギ花粉もクリアし、もはや花粉症とは縁が切れた、ようにも見えた。
そんな感じで、花粉症の恐ろしさをすっかり忘れていた9月の良く晴れた朝。

…いきなりくしゃみ6連発。

風邪か?
鼻がむずむずするのでティッシュを取ろうと伸ばした右腕に落ちたのは紛う事なき、水ばな。
これは風邪ではない!
思う間も供給される鼻の下のぬるい水、そして連発するくしゃみ。
こっこれは。
3年ぶりにキク科花粉症キターーー!!!(※1年後に分からなくなるネタは自重しましょう)

ハァハァ。
ティッシュを鼻に詰めたまま、もう一度2006年4月3日の物言いを見る。
当時服用していたもの。
1:抗うつ薬
2:養命酒
3:やずやの香醋。
抗うつ薬は今も服んでいる。
養命酒はこの物言いの直後にとっくにやめている。
やずやの香醋は、………そういえば最近さぼっている。

これか。

わああああああっ!
矢頭社長ごべんださい!!(←鼻つまってる)。これから真面目に続けばす!
早速服まなければ!と思い開けた香醋の袋の中身は、4粒。
次回の定期配送予定日は、10月7日。
足りねーーー!!
慌てて1袋を臨時注文するわたくし。
やだようやだよう。取り急ぎはマスクの用意か。まだ暑いのにやだよう。

そんな2008年の9月なのであった。


2008年9月27日

気になるCM。

監督:はい、カット!来週の目元のアップも頼むよ。
タレント:目元のアップか、緊張するなあ。大事な主演だし、もっと印象強くならないかな?
スタイリスト:これ、知ってる?
タレント:ワンデーアキュビューディファイン?
ナレーション:ディファイン。輪郭を強調すること。
タレント:どうかなあ?いいかも!
監督:キレイだね!OK!
タレント:瞳から、私が輝く。
ナレーション:ワンデーアキュビューディファイン!


目元のアップに自信のないタレントに、スタイリストが黒目の輪郭を強調するコンタクトレンズを勧め、
それを装着したおかげで目元の印象がグッとアップし、撮影スタッフ一同拍手喝采!という、思わず鼻水が出てしまうような内容であるが。
コンタクトで加工した目ん玉くらい、ちゃんとしたカメラマンなら見抜くと思うがどうか。


<<<物言い一覧